HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

緑にした結果 高崎美容室ヨシデン金澤

先日




緑にしよう




こんなブログを書いたら




髪を緑にしたい問い合わせが殺到し(インスタのコメント欄に1件)





髪を緑にしたい人が店に殺到しました。(元々緑にする予定だった人が1人)





僕の想定外のミスから多大なる集客へとつながりました。(お直しのお客様が予定通り来ただけ)






既にブリーチはしてあったのでそのまま緑の薬を塗りました。






緑の所とそうでない所の境目がハッキリするのが嫌だったので







毛先からちょこちょこ塗ってちょこちょこコーミングするようにしました。(後にメンヘラ塗布と名づけました)








IMG_2204.jpg







IMG_2210.jpg







IMG_2221.jpg






最高かよ。






ご希望の色があれば事前に仕入れておくので連絡してください。




ヨシデン 金澤 027-343-9973

友だち追加数


今日のお知らせ 高崎美容室ヨシデン金澤

今日(8/5)は高崎祭りなので営業時間が変わります。




カラー、パーマの最終受付 15時




カットの最終受付 16時




17時閉店となります。





午前中は既にご予約が取れません。




ご予約希望の方は電話で確認してください。




お祭りで会ったらビールおごります。





ヨシデン 金澤 027-343-9973


友だち追加数


緑にしよう 高崎美容室ヨシデン金澤

僕は先日髪の毛を緑にする薬を手に入れた。






写真 2017-08-03 11 04 25.jpg





この薬、黒髪に使っても全く色が変わらないのだがある程度明るい髪(ブリーチした方がいい)に使うと






写真 2017-08-03 11 36 48.jpg




こうなる。





髪を緑にしたかった僕のお客様がおり1度染めたが希望の色にならず後日の染め直しの為に仕入れた。






僕の失敗で出会ったカラー剤だ。





どのカラー剤にしようか迷ったがこの薬を全く見たことがなかったのでこの薬を選んだ。





(ドンキでマニックパニック買おうと思ったけどやめた。)





届いてすぐ使ってみてばっちりな染まりあがりなのでおそらくお直しのカラーはばっちりだ。






おそらくお直しでこの薬を使い切ることは無いと思うのでしばらくやたら緑を押してくる美容師になろうと思うので、







写真 2017-08-03 11 36 48.jpg



これが嫌な人はカウンセリングの時に全力で拒否してください。




ヨシデン 金澤 027-343-9973

友だち追加数


前髪を切るか悩んいる女性へ 高崎美容室ヨシデン金澤

僕の仕事中の服装はあまり変わらない。





夏場は半ズボンにYシャツかTシャツに軽めのジャケットだ。





今ではこれが僕のベースの服装だが美容師になりたてのころからそうだったわけではない。





半ズボンで出勤したら先輩に怒られるのではないか?





しかし夏に長ズボンは暑い。





どうすればいいか悩んだ挙句、毎日1ミリずつズボンを短くするという所に落ち着いた。





そうして今のズボンの長さに至るわけだ。(もちろん今も毎日1ミリずつ短くしている。)





ズボンだけでなく靴ももちろん下手うったら先輩に怒られると怯えていた。





そんな今日。




今まで恐れおののいてきた先輩たちももういないのでサンダルで出勤してみた。





それがすべての間違いで出勤早々社長から




「うち、サンダル禁止だから。」との言葉をいただいた。






最も恐れるべき相手がいたことをすっかり忘れていたのだ。







社畜イエスマン美容師の僕は間髪いれずにサンダルを脱ぎ捨て裸足で働いた。







写真 2017-07-12 8 56 38.jpg







写真 2017-07-12 8 56 50.jpg



しっかり教育(調教)されている自分にうんざりしながらも





履いているスニーカーを少しづつサンダルに改造していかなかった自分を心底恨んだ。





なので前髪を作ろうか悩んでいる女性は毎日1ミリづつ切っていけばいんだと思いますよ。





ヨシデン 金澤 027-343-9973

友だち追加数


静かな日曜日 高崎美容室ヨシデン金澤

昨日とうってかわって静かな日曜日。




前々から言われていて丁度時間ができたので妻の髪を切った。





「伸ばしているけど暑い。馬鹿の1つ覚えみたいにふんじばっているだけだ。早く切れ。」






と毎日のように言われており無視し続けるとユーチューブに罵倒の動画を上げられそうなので店に呼んだ。







IMG_2020.jpg





確かにふんじばっている。






IMG_2024.jpg




29歳歯科衛生士1児の母。確かに重くて暑そうだ。





伸ばしているということなので。ドライカットで毛量を減らしていくことにした。






写真 2017-07-09 10 16 04.jpg



ということで切っていく。





ちなみに僕はドライカットを人に教わったことが無い。





ドライカットを駆使する先輩を後ろから5年間ほど眺め続け、自分で勝手に理論付けし構築させたドライカットだ。





つまり我流のドライカットだ。知らんけど。






写真 2017-07-09 10 21 12.jpg





それっぽい写真とってもらったけどはさみが髪に1個も当たってなくてクソワロタ。






毛量調整をし、シャンプーをし、ドライをしたらそこには








IMG_2026.jpg




前なのか後ろなのかわからない人間が現れた。






このままでは前か後ろかわからなくなってしまうので前か後ろかわかりやすくするために前髪を切ることにした。







IMG_2028.jpg





前か後ろか良く分かります。




ここでビフォア、アフターを高速で見てみる。






1499572450PXu3Rm0d4l6Gpzz1499572449.gif




ビフォア、アフターは並べて見るべきだと思った。





さて仕上がりです。





IMG_2034.jpg




29歳、歯科衛生士、1児の母にやけております。






長さを買えずに内側の毛を減らし毛先も軽やかに仕上げました。






これでしばらくはユーチューブに罵倒の動画を上げられずに済みそうです。






ヨシデン 金澤 027-343-9973

友だち追加数

 


マダムカット 高崎美容室ヨシデン金澤

こんにちはヨシデンの金澤です(^v^)




さて、マダムの髪を切って染めます。





マダムの髪をやるにはマダムが店に来ないと始まりません。





ということで





IMG_1964.jpg




マダムがご来店しました。





根元のリタッチとカットです。






IMG_1966.jpg



白髪染めのリタッチは特に顔周りの生え際との戦いです。




命を掛けた全面戦争です。その様相たるや 松居一代 VS 船越英一郎 のそれに匹敵です。




ちなみのこちらのマダムはカラー放置中は雑誌を読み込む方なので必要以上には話しかけません。




時間が来るまで姿を消します。





IMG_1967.jpg




カラーが終わりました。カットに入ります。ちなみにカラーを先にした理由は「長い方がリタッチしやすいから」です。






マダムのショートは襟足が肝です。





襟足をかっこよくするために命を掛けて切ります。






IMG_1999.jpg




ベースカットを終え、微調整をすると





写真 2017-07-07 17 27 01.jpg




はいできたー。




次回予約をしてもらいお帰りになりました。




明日も宜しくお願いします。



ヨシデン 金澤 027-343-9973


友だち追加数


つぶやき 高崎美容室ヨシデン金澤

こんにちは!ヨシデンの金澤です(^V^)





毎日、毎日、ラインを送ってくる問屋町のキャバクラのお姉さんがいる。





ラインの内容はB級映画みたいな取るに足らない内容だ。





本当に毎日送ってくる。(定休日であろう日曜日には送ってこないが)





髪の毛をやりに来て欲しい僕。




キャバクラに飲みに来て欲しいお姉さん。




ライン上での戦いだ。




結果から言うと僕はお姉さんに負けた。というか戦いから降りたのだ。





毎日毎日送られる退屈な映画のようなラインに僕の陳腐な文章の引き出しでは応戦できなくなったのだ。





戦いから降りた僕はその日からお姉さんのラインに既読をつけなくなった。




ラインが来たら即左スワイプの非表示だ。




するとどうだろう。




変わらず毎日来るのだ。





僕にはもう天を仰ぐという選択しか残されていなかった。





そんな折、友人からの誘いで飲みに出かけた。





男2人で飲んでいれば最終的にでてくるセリフは決まっていつもこうだ






「キャバクラにいかないか?」





瞬間、僕の脳裏に衝撃が走る、






あれだけ退屈でつまらない憂鬱なラインを送ってくるお姉さんがいきなりキャバクラ選択のトップに踊り出てきたのだ。






これは衝撃だった






配信するコンテンツの質の善し悪しももちろんだが、定期的にコンテンツを視覚にねじ込むということも必要だったのだ、とわかっていたはずだが思い知らされたのだ。






毎日毎日ラインを送ってくる問屋町のお姉さんに敬意を示し、僕たちは「高崎で1番カワイイ子いますよ」というキャッチの言葉に誘われ柳川町に消えていきました。




ってお客様がお話を聞かせてくれたので




またブログ、インスタ活発に動かさな!という決意のブログです。




お客様の話ですよ。




ヨシデン 金澤  027-343-9973

金澤のインスタ



友だち追加数


ご挨拶 高崎美容室ヨシデン

こんにちは!





四月からヨシデンに入社したウチダイラと申します(^v^)







IMG_1286.jpg





私は、恥ずかしがりやなのでいつも横を向いてしまいます。






すぐに恥ずかしくなってしまうので








写真 2017-04-21 15 52 05.jpg





シャンプー中や








写真 2017-04-21 16 02 28.jpg






リンパドレナージュ中にすぐ顔が横を向いてしまい、








IMG_7081.jpg





いつもミズエ先輩に注意されてしまいます。








こんな恥ずかしがり屋な私ですが、







IMG_7379.jpg





尊敬する社長や






IMG_7309.jpg




とても優しい林や









IMG_7081.jpg





重箱の隅を楊枝でほじくるような指導をしてくれるみずえ先輩や









写真 2016-10-23 20 54 00.jpg




金田さん?金井さん?(名前わすれちゃいました♪)の顔に泥を塗らないように一生懸命頑張ります。








どうぞ宜しくお願い致します!!(^X^)





ヨシデン ウチダイラ 027-343-9973

友だち追加数


イルミナカラーありますね。 高崎美容室ヨシデン金澤

こんにちは!ヨシデンの金澤修一です(^v^)







写真 2017-02-10 9 43 56.jpg





写真 2017-03-05 15 09 13.jpg






写真 2017-03-05 15 09 17.jpg





写真 2017-03-05 15 09 33.jpg




写真 2017-03-05 15 09 37.jpg




写真 2017-03-05 15 09 41.jpg





写真 2017-03-07 10 41 47.jpg





写真 2017-03-07 10 41 52.jpg




すべてイルミナカラーを使って染めました。


イルミナカラー



このようなカラー剤で、特徴はダメージが少ないということと染めた後の艶がまさに優勝ということでしょうか。





イルミナカラーと相性の良くない色ももちろんあり





写真 2017-02-10 9 43 36.jpg




写真 2017-03-05 15 09 28.jpg




写真 2017-03-07 10 42 05.jpg




このように暗く、濃く染めるような色は苦手のようなのでそのような仕上がりを目指す時はまた違う薬を使っていきます。





条件にフィットするとすさまじい仕上がりを提供することが出来ます。





まさに最高級カラー。





fish_nodoguro.jpg


いわばノドグロカラー。




イルミナ=ノドグロ




この方程式が成り立ちます。




この春はノドグロカラーで優勝しましょう。




ヨシデン 金澤  027-343-9973






友だち追加数


インスタ 高崎美容室ヨシデン金澤 

こんにちは!金澤修一です。





長いです。






前のブログにも書いたように僕はインスタをやっている。



金澤のインスタ








フォロワー1206人(ブログ書いてる時点で、しかもこれから多分減る)フォロー数79人







前回のブログに去年の夏過ぎからインスタを動かし始めと書いたが、もともとインスタのアカウントは持っていた。







アカウントは持っていたし、写真の投稿もしていた。






投稿はしていたがその写真に対してのリアクションはほぼ皆無。






フォロー数、フォロワー数共に一桁なのだから当たり前の結果だ。






去年の夏過ぎ辺りからブログの数が減少し始め(減少した理由は前回のブログ。)






何か違うアクションを起こしてみようと思い(ほんとになんとなく。しかも旅行中に突如。)






インスタをアクティブに動かし始めた。






動かし始めたといっても相変わらずのフォロワー数。スタイルの投稿をしても僕の投稿には誰も気づかない。






とりあえずたくさんの群馬の人に気づいてもらわないと困ってしまう。






考えても埒が明かないのでグーグル先生に聞いてみる。






「インスタ フォロワー 増やし方」






この言葉で検索してみた。






色んな情報が一発で眼球の中に飛び込ん来た。とりあえず検索で1番上のページに書いてあることをそのままその通りにやってみた。







画像の加工はインスタとは別のアプリで、白い余白をつけると見栄えが良い、投稿する写真は統一する。等だ。







それらの事をそのままやったからフォロワーが増えた。






なんてことはほぼ無い。と思う。






おそらくフォロワーが増えた原因は自分のインスタのアカウントをロボット化したことにあると思う。






ロボット化と言うとややこしいが






いいね、フォロー、フォロー解除を自動でやってくれるというサービスだ。(もちろん有料)





指定したハッシュタグがついている人へのみのいいねやフォロー(これにより見てほしい地域の人のみに拡散できる)






ヘアカラーやヘアセットなどのハッシュタグも指定したがこのハッシュタグを使うのは美容師さんが圧倒的に多かったのですぐやめた。






いいねの数が少ない人への優先的なアプローチ(いいねが少ないと自分のアカウントをみてもらいやすい)





非公開の人へのアプローチはなし。





フォローをしてから指定の日数がたってもフォロバが無い場合は自動にフォローをはずしてくれる。





というようなサービス内容だった。





ほぼこのサービスのおかげでフォロワーが増えた。(もちろん写真の投稿は定期的にしていた。もちろんそこは自動じゃない。)






そしてその倍くらいのフォロー数になった。






そのサービスを利用するようになってからインスタ経由でお客様も来るようになった。







そして僕のインスタのタイムラインは相当カオスな状態になった。






そりゃあフォロワーの倍のフォロー数があればそうなるのは当たり前だ。





ほぼ群馬県内の人だったが色んな人がいるもんだと痛感した。





だからタイムラインを見ることはほぼなくなった。





そのサービスを使い続ける予定は初めから無く利用開始から半年でサービスの利用をやめた。






と同時にフォロー数をほとんど外した。(友人、お客様、お問い合わせがあった方以外すべて)





どうやらこの行為(フォローしてフォロバされてフォロー外す)はあまりいいことじゃないらしいというのは最近知った。





なので今のところ順調にフォロワーが減っていっている。





最初にフォロワーが多分減ると書いたのはこのためだ。





インスタに写真を載せる習慣ができたことはよかったし。






こういうビジネスがあるって事を知れたことも良かったと思っている。






もちろんこれからもインスタには写真を投稿し続けようと思っている。





今度はどんなアクションを起こしてみようか考えてるんです。っていうブログです。







ヨシデン 金澤



明日は僕は12時からの出勤です。



12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ